--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07.10 #5 堅守の道も一歩から
FM界に復権しためざまし監督がプレスの設定について広く意見を募っているが、残念ながら私には守備のメソッドがない。喧嘩上等のラフファイトで激しく奪い取るのみ。せいぜい試合前のミーティングに少林サッカーの覚醒シーン観させて選手の気持ちを奮い立たせるくらいだ。ブルース・リー似のGKほんと好き。



名将ヒロミツ・オチアイが唱えるように野球は投手と守備。虎の子の1点を守り切るウノゼロこそ最も美しいスコアと考える。緊迫した1点リードの状態で迎えた試合終盤、相手の波状攻撃をGKやDF陣が身体を投げ出して跳ね返し、死守する姿こそフットボールの最も美しく心躍る瞬間だ。つまり俺が先日の東京出張中、激しい便意の猛攻を最終ラインが一丸となって耐え忍び、中央線・千駄ヶ谷駅の便所へオフサイドぎりぎりで駆け込んだ瞬間!ニアサイドの個室へ飛びこむや否や弾けるようにスーツのベルトを外し、露わになった下半身を躊躇いなく便器へ振り下ろした姿もきっと美しかったということだ。あれ、これ何の話だっけ?最終ラインのプレス設定には定評があります。今日も大括約!

ちなみに自分のFMプレイにおいては以前から戦術の個々における部分。細かい指示や相手選手への対応といった点は参謀役に丸投げだ。今作では初期アシマネを務めるカースライクの戦術知識が物足りないので、代わりにコーチとして雇ったクーパーに試合毎の対策は一任している。FM監督における最大の仕事は選手を獲得することでも細かい戦術を煮詰めることでも、まして試合に勝つことでもない。ブログを書くことだ(白目)。

2016y07m10d_042155229_R.png

リーグ第9節のアウェイ・バーンズリー戦でついに今季公式戦初黒星。ゲームキャプテンを務めるCBエガンが前半の内にイエロー2枚を貰って退場したのが痛かった。

2016y07m10d_165505948_R.png

2016y07m10d_033439183_R.png

バンディエラのダックの移籍したい病が治癒。胸を撫で下ろすも今度は10番のマクドナルドが「試合に出せ!」とおかんむり。スーパーサブじゃあかんのか?

2016y07m10d_081800505_R.png

あかんのか????

俺のFM監督業における最も得意とする分野は、試合中に修正を施して劣勢をひっくり返す采配術にある。マクドナルドのように身体が張れず、一人では何もできない代わりに、相手DFライン裏に飛び出してワンタッチでゴールを決めるボックスプレイヤーは試合終盤、相手DFが疲弊して足が止まるタイミングまで切り札として取っておきたいのさ。

20150926144507_R.png

試合は90分。リーグ戦は46試合。ペナントレースは143試合ある。最後に勝てばいい。そのために選手を揃えて、ローテーションという名の運用をする。週間予報をチェックして家族サービスの予定を立てるマイホームパパのように、試合中でもホーム画面に戻って先々の対戦日程を確認し、選手の交代策を練る。

試合におけるシステムの初期対応も定まってきた。ホームの場合は相手が格上でない限り"自分たちのサッカー"をするため、実質4-3-1-2である4-4-2ナローで臨むことが基盤。このシステムだと相手が英国フットボール界の主流たるフラットな4-4-2であった場合、トップ下がフリーで動けるのでジルズの誇る若きバンディエラ、ブラッドリー・ダックの存在が際立つ。仮に相手がバイタルを埋めてダックへのプレッシャーを厳しくしたとしても、今度は中盤底に置いたプレイメイカー、ジョシュ・ライトが高い位置で難なくボールをさばけることになるのでポゼッションが高まり、試合の主導権を握ることができる。

だが最近は古臭いエゲレス下部リーグといえども遅まきながら4-2-3-1や4-3-3を採択するクラブが増えてきた。4-2-3-1のチームと対戦するとサイドの攻防で圧倒的に不利になり、4-3-3の相手だとこちらのトップ下が敵のアンカーに封殺されてしまう。

そこでジルズが併用している戦術がこれ。

2016y07m10d_175841355.png

2016y07m10d_175919508_R.png

本来はリード時の後半途中、反撃に出てきた相手の息を止めるためのカウンター戦術として用意した代物だが、シーズン前の想定以上にスタートからこのシステムで臨むことも多い。ただ4-3-1-2と4-3-3では選手の陣容が大きく変わる上、さらに負けてる状況から追いすがる時は4-2-4にもシフトするので、戦術変更の度に選手をごっそり変える必要に迫られるのがネックだが。

2016y07m10d_175901189.png

2016y07m10d_175926383_R.png

やはり試合中の戦術変更の柔軟性という面では4-3-1-2は幅が狭い。4-2-3-1、次いで4-3-3をベースにする方がよっぽど機転が利くだろう。この辺は来季以降、チーム作りの宿題としたい。

2016y07m10d_141342074_R.png

シーズンの1/3が過ぎた。じりじりと順位を上げ、3位浮上。
ドロー5試合は全てこちらが先制を許し、後で追いついたもの。うち3試合が80分以降の同点ゴール(2試合がアディッショナルタイム)である。

2016y07m10d_084127836_R.png

もういっそ生涯契約してくれや!
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/341-e2001377
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。