--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.01.31 #6 帰ってきた名将
リーグ戦に戻って第2節、開幕戦クルーに0-5とボコられて意気消沈のポートヴェイルと対戦。士気の差に加えてシステムの相性が噛み合ったのか、アウェイにも関わらず序盤から圧倒。新加入の北アイルランド人FWドネリーの2ゴールなどで大勝を果たす。

2016y01m31d_162628449[1]

今季開幕前に北欧担当スカウトのアンデションが見つけて獲得したフィンランド人右SBサミ・ラーモネンがこの試合1ゴール1アシスト。攻守の能力もさることながらプレースキッカーとしても優秀。荒っぽいのが玉に瑕だが、これで移籍金500万はお買い得だった。

RSB サミ・ラーモネン
2016y01m31d_162740097[1]
北欧は安くて美味い魚が獲れまっせ!

続く第3節ブラッドフォード戦は翻って苦戦。
アウェイだから本来しょうがないものの、前節と比べて中盤でチャンスメイクできない。

プレシーズンからの試合内容を顧みるに、相手の布陣がイングランドのクラブに多い中盤後方がスカスカのフラットな4-4-2だったらメイン戦術の4-4-2ダイヤモンドで主導権を握れる。ボールが集まるトップ下と中盤底のDLPに比較的スペースがあるからか。

一方、この試合のようにサイドに人員を配した上で中盤の構成も厚い4-2-3-1ないしアンカーを置いた4-3-3で来られると中盤でボール保持できず、逆にこっちがスカスカのサイドを蹂躙される展開となる。スカウトレポートを見て、対戦相手の戦術が4-2-3-1もしくは4-3-3の場合、最初から4-3-3カウンターで臨むのも手か。

そんなことをむにゃむにゃ考えながら試合は1-1で残り時間20分。
「このままドローで構わない」と守備にウェイトを置いた4-3-3カウンターに変更。

すると試合終了も近づいた87分、セットプレーからのパス交換でゴール前へスルッと抜け出したFWドネリーが逆転の一撃を敵ゴールに突き刺す!

2016y01m31d_172605229[1]

2016y01m31d_155530046[1]
なんで負けた方からMOM出るんや!

これでまさかの開幕からリーグ3連勝!
24クラブがひしめくディビジョンの首位に浮上した。

え、やっぱり僕って名将なんですかね?
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/329-8788a74d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。