--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.30 #24 海を渡ったサムライたち
明けて第11節、ブレントフォード戦。
試合前にアシスタントマネージャーのポール・ウィリアムズから「マークを怠るな!」と注意を促されたのはよく知る日本人選手、宮市亮。

2015y07m05d_080046734-s.jpg

二年前にとうとう名門アーセナルを自由契約になり、拾われたのがチャンピオンシップのブレントフォード。加入一年目の昨季はリーグ戦33試合に先発出場。小さな離脱はあったものの、初めてシーズンの多くを病院ではなくピッチで過ごすことができた。今季も左右のウイングとして時にサイドを変えながら主力選手の一人としてプレイ。宇佐美や武藤がまだブレイクし切れていない日本代表にも定着している。こんな未来もあったんだね...(遠い目)

第20節で対戦したバーンリーには在籍メンバーに吉田麻也の名も。

2015y07m30d_050823345-s.jpg

サウサンプトンで定位置を掴めず、レギュラーを求めて二年前にバーンリーへ移籍した模様。あいにく負傷中のためピッチで相対することはなかったが、リーグ後半戦でもう一度対戦する時はぜひユニフォーム姿が観たいものだ。

2015y07m30d_051703614-s.jpg

時は飛んで大晦日。カーディフ、フラムと三つ巴ながら僅差の首位でシーズンを折り返す。
誰だ?開幕前にうちを降格候補に挙げていた節穴どもは?

2015y07m13d_144133278-s.jpg

当然の延長保証。しょうがねえなあ、死ぬまでここの監督してやるよ。
最初にFMシリーズ手つけた時はヴィオラで監督するつもりだったんだけどなあ。

入団 AMF アンドレア・ルッソット
2015y07m30d_052624212-s.jpg

エースストライカーのコールサースト、トップ下のボガ、メイソンが怪我がちなため、イタリア・パルマに籍を置く「カッサーノ2世」ルッソットを一本釣り。こういうユース年代に将来を嘱望されたものの伸び悩んだ元天才ってのが和洋問わず大好物なのである。うへへ。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/311-deb92d33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。