--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.28 #18 Vやねん!ジリンガム
リーグ前半戦を17勝2敗4分という圧倒的好成績、2位スウィンドンに勝ち点9ポイント差をつけて年越しを果たしたジリンガム。しかし1月のリーグ戦で2敗、さらに翌月は3敗を喫し、前半戦の勢いは完全に失速。2位以下が星を潰し合いセーフティリードを保ててはいるが、あまり余裕をかませる状況ではなくなってきた。

2015y03m22d_184140772-s.jpg

3月に入りリーグ戦3連勝。「これで立ち直ったか」と思われたのも束の間、リーグ1第36節ホームでプレストンに完封負けを食らうとまた意気消沈。昨年に続く連覇を狙ったFLトロフィー決勝ではリーグ1で下位に沈むチェスターフィールド相手に下馬評優位に立ちながら、まさかの0-3で惨敗。

2015y03m27d_114015713-s.jpg
二冠達成ならず

2015y03m27d_114126460-s.jpg

2015y03m27d_114237344-s.jpg

2015y03m28d_192823910-s.jpg
ケンティーは6試合も勝利から遠ざかっており、このことは自信に影響を与えているようだ。

FW陣の決定力不足は深刻な域だが、直近の第40節ブラックヴァーン戦で一筋の光射す。

本拠地プリスト・フィールドに昇格候補を迎えた大事な一戦。前半戦は上位にやや遅れを取っていたブラックヴァーンだが、ここにきてリーグ戦4勝1分と好調。自動昇格圏となる2位争いに加わってきた。

大黒柱ノリス以外で唯一「ノーゴール師匠病」を患っていないFWイェシルが前半24分に負傷退場。さらにGKネルソン、LSBポッツが次々と担架で運び出されて予定外の交代枠を使い切ってしまう中、ブラックヴァーンに先制点を許す最悪の展開。

しかし試合終了間際、AMFペレイラが負傷に負傷を重ねてコンディション15%というボロボロの状態ながら、渾身の力で右足を振り抜きゴール前にクロスを送ると、そこに待っていたのは絶賛不振中のエース、コールサースト!

2015y03m28d_191212512-s.jpg
値千金の同点ゴールで試合をドローに持ち込み、自身も長いスランプを脱する。

この勝ち点1は優勝に向けて大きな勝ち点1。その後、コールサーストやペレイラを始め、次々と主力が一足早く今季終了となるケガを負ったものの、第44節のスウィンドン戦に勝利した時点で残り2試合を残しリーグ1優勝。

2015y03m28d_201129845-s.jpg

リーグ前半戦に比べて後期は11勝9敗3分と大きく星を落としながら、他が足を引っ張り合ってくれたおかげで悠々逃げ切り。チャンピオンシップに駒を進めることができた。

2015y03m28d_202218713-s.jpg

昇格を決めたことで予算もどーんとアップ。来季に向けた戦いはもう始まっている。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/305-e7ed12fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。