--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.25 #11 マガト再び
今でも納得のいかないプレーオフ敗退。この借りは来年リーグ1優勝して返す。
気持ちをグラウンドから移籍市場に向け、5月末に解禁となるイングランド国内のボスマン契約候補を漁っていると...

しかしここでふと痛恨の事実に気づく。

20120902145608156-e1413366644993-s.jpg
半年前の国外ボスマン忘れてた...

まあ過ぎてしまったことはしゃあない。国内ボスマン移籍に切り替えていく。

2014y12m24d_203726597-s.jpg

2014y12m24d_203639139-s.jpg

2014y12m24d_203508339-s.jpg

前々から目をつけていた選手が契約切れ一ヶ月前となり待ちに待ったオファーを出した瞬間、在籍クラブが次々と契約更新を締結していく胸クソ展開の連続。

653f0923.jpg

それでもめげずに国内から契約切れする有望な若手選手をかき集める。
モウリーニョをなぞるわけではないが、就任一年目は現有戦力を見極めて整理するもの。
監督がその真価を見せるのは二年目だ。

■プレミアリーグ
2014y12m24d_204327900-s.jpg

ポルト、チェルシー、レアル...そして今回の第二次チェルシー。やはりモウリーニョは二年目にタイトルを獲る。一方、ガナーズの名伯楽ベンゲルは就任以来18年続けてきたCL出場権の獲得に失敗。自信を失くしたのか来季を持って監督業引退を言明。アーセナル以外にも日本代表とはいわんから、母国フランスを率いるところを見たかった。

連覇を逃すどころかCL出場圏にさえ入れなかったマンチェスターCはシーズン後にペジェグリーニを解任。セビージャで指揮を執る気鋭のスペイン人監督ウナイ・エメリを強引に引き抜いて再建を図る。

■リーガ・エスパニョーラ
2014y12m24d_204430922-s.jpg

ルイス・エンリケ率いるバルサが二季ぶりに国内の覇権奪還。昨シーズン二強を差し置いて優勝をさらったアトレティコは中位に沈んだ。個人タイトルはメッシが僚友ネイマール、レアルのクリロナを抑え、得点王とリーガMVPの二冠。

■ドイツ・ブンデスリーガ
2014y12m24d_204259296-s.jpg

バイエルンはもう国内に敵なし。熾烈な2位争いを制したのは、超攻撃的サッカーを標榜するロジャー・シュミットが監督を務めるレヴァークーゼン。前評判通りドルトムントとシャルケが続いてCL出場権を死守したが、レギュラーを確保した内田に対し、出戻った香川は骨折や筋断裂、はては食中毒などシーズン通してコンディションに恵まれなかった。

下位は騒然。ボルシア・メンヘングラートバッハは辛くも入れ替え戦に勝利して一部残留を決めたものの、清武と酒井宏樹が所属するハノーファー、酒井豪徳が所属するシュトゥットガルトと由緒ある中堅クラブが揃って降格。清武は二年連続の降格請負人だな。

しかし今、誰よりも頭を抱えているのはフランクフルトの長谷部だろう。

2014y12m24d_214545571-s.jpg
長谷部、心をしっかりな。乾は悪いこといわないから出ろ。

■セリエA
2014y12m24d_204403115-s.jpg

ドイツと同じく、イタリアも最早ユーベの一強状態。キャリアの終わりが近づくトッティにもう一度スクデットを掲げてもらいたいのだが。サンプドリアが健闘し3位に食い込んだおかげで、ACミランは最大目標だったCL出場権の獲得にあと僅か勝ち点1及ばなかった。

限られた出場機会の中で5ゴールと結果を残しながら、史実と違いインザーギの信頼が得られないミラン本多は不満が鬱積。移籍願望を口にしているようだ。

■チャンピオンズリーグ
2014y12m24d_204904972-s.jpg

プレミア対スペインという構図。結果はチェルシーがリーガの二強を連破して三年ぶりの欧州制覇。モウリーニョは今年、国内リーグと合わせて文句なしのダブルを達成した。

■ヨーロッパリーグ
2014y12m24d_205004344-s.jpg

プレミア強すぎィ!トッテナムが同胞エヴァートンを破って史実ではおよそ30年ぶりとなるEL優勝。名門インテル、オリンピック・リヨンを破ってベスト4に進出したドニプロはウクライナのクラブ。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/298-fc16bf26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。