--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.24 #10 アウェイゴールとは何だったのか
自動昇格となる2位以内には及ばなかったものの、優勝したオールドハム、コベントリーに次ぐリーグ戦3位でレギュラーシーズンを終えた。最後の昇格権利を賭けてリーグ戦3~6位に入線した4クラブによるプレーオフへ臨む。

プレーオフのレギュレーションはリーグ戦3位vs6位、4位vs5位の二手に分かれて準決勝を行い、ホーム&アウェイの二試合を経て勝ち抜いたチームが中立地で一発勝負の決勝戦。

まずは準決勝。対するは最終節の勝利でプレーオフ出場圏内に滑り込んできたブリストル・シティ。フットボール・トロフィー南ブロック決勝でホーム&アウェイを戦った因縁の相手とこの土壇場で再戦だ。

2014y12m24d_173419115-s.jpg
元アーセナルのエマヌエル・トーマスが敵の大黒柱。髪ずれてますよ

しかし前回の対戦と違ってジルズ攻撃陣の台所事情が苦しい。今季リーグ戦23ゴールを挙げたエース・マクドナルドがリーグ戦45節スカンソープ戦で足首を捻挫。さらにこの試合終了間際にチェルシーから借りているトップ下の新星ボガも膝靭帯を損傷してしまい戦線離脱。既にリーグ2降格が決まっているスカンソープに余計な最後っ屁をかまされ、攻撃の中心選手を二人欠いた状態でプレーオフを戦わねばならなくなった。

しかし敵地で迎えた初戦。マクドナルドの代わりに先発へ入ったサメド・イェシルが躍動!ブリシトル・シティのリードを名門リバプールからレンタルしているドイツ人ストライカーの2ゴールで二度追いつき、ドローに持ち込む。

2014y12m24d_182032912-s.jpg
2点目はPKによるもの。ペナルティエリアまで持ち込んで上手く倒された右SBホイルが殊勲。

2014y12m24d_182210459-s.jpg

アウェイで2点を奪って引き分けという結果は勝利に等しい。第二戦はホームで俄然有利。相手を1点以内に抑えてドロー以上なら勝ち抜けのはずだ。

2014y12m24d_190853118-s.jpg
初戦に続き躍動するイェシル。
前半36分、PAスポット付近でボールを受けると振り向き様にGKの間を外す巧みなシュート!


欲しかった先制点を奪い、これで勝負は貰ったも同然。
後半に入り、エマヌエル・トーマスに同点ゴールを許すも慌てることはない。このまま試合を1-1でクローズすればアウェイゴール数の差で逃げ切れる。

baki.jpg

狙い通りスコアは動かず試合は終盤に推移。勝ち抜きを確信した名将は、残す決勝を見据え交代カードを次々と切っていく。後半ロスタイムに時間稼ぎの交代メンバーを悠々とピッチに送り出したところで主審は後半終了の笛。

2014y12m24d_190557414-s.jpg
しかしなぜか続く試合...え、なんで?

なんでや!二戦目の前に記者会見で「初戦・敵地で2点取ったからアウェイゴール考えると有利ですね」ってインタビューしてきたやないかい!

20101015115930.jpg

謎の延長戦に突入した結果、トップ下を務める主将ロフトが削られて負傷退場。
既に選手交代枠は三枚完了しており、残る時間は数的不利。手の打ちようもなく迎えた延長後半5分、エマヌエル・トーマスにこの対決で3ゴール目となるトドメの決勝ゴールを許し、無念の準決勝敗退となった。

20100901232739.jpg

2014y12m24d_182149888-s.jpg
「第1戦の辛勝」って何やねん。勝ってないやろドローやろ。ええかげんにせえよ。

2014y12m24d_182300028-s.jpg
23位ポートヴェイル、24位クラウリー「ほな、また...」
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/297-c1666157
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。