--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.30 #5 ドアノブに手をかけながら
カンファレンス・プレミアの開幕が近づいてきた。

2014y11m28d_235341126-s.jpg
プレシーズンマッチで大勝したのは英7部クラブ。守備陣に不安を抱える仕上がりだ。

2014y11m22d_204317752-s.jpg
MKドンズと提携を結ぶ。今季リアルでマンチェスターUを破り、一躍名を上げたリーグ1のクラブ。

同ディビジョンに所属する対戦相手は、昨季フットボール・リーグ2から降格したブリストル・ローバーズ、トーキー。かつてジリンガムを沸かせた"ヘタレ・ファンタジスタ"ことカーチス・ウェストン擁するバーネット。今は亡き隣の名将が以前縛りプレイで率いていたレックスハム...くらいしか知らぬ。ほとんどは名前も聞いたことがないセミプロクラブ。戦力の強弱すら読めない。

開幕戦はホームで昨季カンファレンス・プレミア5位のハリファックスを迎え撃つ。

「ハリファックスは歴史的にギロチンの原型となった断頭台で有名なところらしいが、処刑方法としてはあまり美しくないね。幸い私が育った日本には切腹という文化がある。土曜日はホワイツの鋭利なカウンターでハリファックスを優しく介錯してあげよう」

プレシーズンでケガ人も出ず、ベストメンバーで臨めると思ったら右ウイングのモデステがまさかの開幕から4試合出場停止!

2014y11m23d_180457511-s.jpg
昨シーズン末に相手の選手でも噛んだのか?

2014y11m29d_001131541.jpg
代わりに本来はSTのペインを右WGで起用。
左WGのナネッティが守備免除な分、左CHは守備重視でバランスを執る。


前半はスコアレスで終了。ホームで守勢ながら、自陣でボールを奪えば高い位置に残った左右のWGにロングボールを出し、相手SBの裏を狙う攻めが度々できている。

そして後半4分、相手の中途半端なクリアボールを拾い、すかさずチンタラ戻ってフリーになっていた左WGナネッティへ!アタッキングサードへ切り込むとピンポイントのクロスを逆サイドからペナルティエリア中央に走りこんできた右WGペインに送る!

2014y11m29d_004532917-s.jpg
ダイレクトボレーは相手GKの足に阻まれたものの、こぼれ球を自ら押し込んで先制!

2014y11m29d_004613197-s.jpg
後半15分にCHアレンが不用意に与えたPKはバーで救われる!

試合終了まで残り20分を切り、1-0のまま逃げ切りを図りたいホワイツ。
ここでプレシーズンから取り組んできた守備固め用の戦術5-3-2を起用しなかったら、じゃあいつ使うのだという話になる。腹を括って5バックで引き篭もり、相手の放り込みをひたすら耐える決断をする。

リードを守り切るために残り時間、相手の攻撃をひたすら耐えるという展開は、授業中や出先で催した便意をトイレに到着するまで我慢する時の心境によく似ている。第一波を耐え、第二波を耐え、先んじてベルトを緩めておき...

しかし後半ロスタイム、試合終了までラスト1分を切ったところで脱糞!

2014y11m29d_004704667-s.jpg
ああッ~~~~~~~~~~~~~~

2014y11m29d_004735977-s.jpg
ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!

試合後、自分が痛恨の采配ミスをしでかしていたことに気づく。
5バックに変更する際、相手の放り込みに備えて空中戦に強い若手CBを投入したつもりが、名前を覚え間違えて別のCBをベンチ待機。そのまま気づかずストッパーとして起用していました。あの時、相手のハイボールをクリアしたのが本来のラッフェルティーだったら結果は違ったのだろうか...

CB アンディ・ラッフェルティー
2014y11m30d_032607220-s.jpg
こいつを入れたつもりが...

CB シーン・フランシス
2014y11m30d_032620110-s.jpg
こいつでした!全然名前違うじゃねえか!

そして続く開幕2戦目、3戦目は守備が崩壊し、アウェイで大敗。

2014y11m29d_004758497-s.jpg
守備があああああ守備があああああ

監督、チーム共に初めてのカンファレンス・プレミア挑戦。
覚悟はしていたが、厳しいスタートとなってしまった。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/286-072a9d59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。