--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.24 英Gills#27 / 来たる!左足の魔術師
さすがにチャンピオンシップは手強い。
左翼レドモンドが怪我、主将リーの一発退場による出場停止でレギュラーが二枚抜けている間にリーグ戦4連敗。上位から滑り落ちると、もう開幕した頃の勢いはどこへやら。

2014y09m24d_003227591-s.jpg

2014y09m24d_003320223-s.jpg

年内の日程を消化した段階でプレーオフ圏とは勝ち点10差、22位以下の3クラブが降格する残留ラインとは勝ち点14差。もう今シーズンは期待も心配もする必要はなさそうだ。

ST コーリー・ウッドロウ
2014y09m24d_003351502-s.jpg
「次代のアラン・シアラー」と呼ばれるウッドロウだが、入団以来ここまで公式戦ノーゴール。
ポゼッション志向するホームゲームで主に1トップ起用されるものの、なかなか結果が出せない。


ST シャキール・コールサースト
2014y09m24d_004118343-s.jpg
一方、「マイケル・オーウェンの再来」と称されるまでに成長したジルズの若きエースはここまで12ゴール。
昨年コーチトレーニングで覚えたプレイスタイル「スペースに飛び込む」に加え、「オフサイドトラップを破る」も自力で習得。高速カウンターの申し子として、アウェイゲームでも脅威となる。


来季を見据え、大晦日に行われる恒例の国外ボスマン市場に出かけると掘り出し物が見つかった。

CH ファビアン・シュネルハルト
2014y09m24d_010713840-s.jpg
ドイツ・ブンデスリーガの古豪ケルンが保有する天才レフティー。

そういえば、かつて74年W杯で西ドイツ代表を地元優勝に導いた「左足の魔術師」ヴォルフガング・オフェラートもケルンの選手だったな。運動量やフィジカルに問題はあるが、2012年まで在籍したカーチス・ウェストン以来、ジリンガムにはファンタジーをもたらす選手がいなかったから、久しぶりにピッチでワクワクできそうな選手を獲得できて入団する半年後が今から楽しみで仕方ない。

CH カーチス・ウェストン
2014y09m24d_011123020-s.jpg
なおカンファレンスプレミア(英5部)のクラブでまだ現役を続けている模様

更にもう一人、ボスマンで獲得した若手スター候補をピックアップ。

CH トンマーゾ・アッリゴーニ
2014y09m24d_010724098-s.jpg
シュネルハルトと同い年のインサイドハーフをチェゼーナから獲得。こちらは将来のキャプテン候補となるだろう。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/269-b253640c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。