--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.29 英Gills#19 / 空白の快進撃
一ヶ月以上も間が空いてすみません。
出張でスカイリムとかプロ野球スピリッツに行ってました。
サカつく新作が出るまでもう浮気しません。自信はありません。

しかしどこもかしこも笑っちゃうくらいFM2013のプレイ日記は壊滅的だなあ!



さて、どこまで進めましたか。
チャンピオンシップ1年目。低い下馬評を覆し、まさかのスタートダッシュに成功したジリンガム。年末に至っても勢いは衰え知らず、首位ウィガンを勝ち点1差で追う2位と奮闘を続ける。ぶっちゃけ一ヶ月以上も触ってないデータなので快進撃の内容が記憶に残っていないのだが。

2013y04m29d_051707202-s.jpg

2013y04m29d_051542965-s.jpg
自動昇格2枠を争うのは上位4クラブに絞られたか

チームを牽引するのは、やはり中盤の大黒柱アブディ・イブラヒム。
ここまでリーグ戦7ゴール5アシスト5MVP。評価点7.55はリーグ上位5傑。この逸材がよくも移籍金1300万で獲れたもんだ。そろそろ年俸上げてやらんとな。またよそのクラブから粉かけられたら堪らんし。

2013y04m29d_051421001-s.jpg

2013y04m29d_051318989-s.jpg

ここまでリーグ最小失点の守備陣は22歳のミーキングス、25歳のビーバーズの若きCBコンビが中心。期待の17歳ジャック・ビーボンもレギュラーの座を奪わんばかりの急成長を見せている。最終ラインの世代交代は順調だ。

2013y04m29d_051451135-s.jpg

唯一期待はずれなのが今季最大の補強目玉だったLWGロビー・ブラッディ。
加入して半年。未だチームにフィットせず、勝っている試合でも一人だけ評価点6点台を連発している。チームメイトとは馴染んでいるはずだが、戦術と合わないのか単に個人能力の問題なのか。クラブ最高給保証で獲得した選手だけに奮起を願いたい。

2013y04m29d_051415810-s.jpg

冬の移籍では最終ラインのユーティリティとしてロス・ペリー(レンジャーズから移籍金1500万)を獲得。もちろん例年通り、来季を見据えて国外のボスマン有望選手も多く差し押さえた。彼らの補強を豊作と呼ぶか、乱獲となるかは今季の昇格次第だ。

2013y04m29d_055710219-s.jpg

このままプレミアに上がれば撲殺されるのは目に見えている。せめて一年はじっくりチャンピオンシップで地力を蓄えたいところだが、いざ目の前で試合が始まるとやはり勝利に最善を尽くしてしまう。勝負師の悲しい性だな。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/225-3fa13303
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。