--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.14 英Gills#13 / まさかの取りこぼし
明けたばかりの2013年もダーッと暮れました。

2013y01m14d_074408138-s.jpg
怒涛の6連勝で首位浮上と思いきや、その後……

2013y01m14d_074434062-s.jpg
3・連・敗。しかし年末には再び持ち直し、再浮上

2013y01m14d_074236359-s.jpg
ジェイ・エマヌエル=トーマス擁するイプスウィッチを抑え、首位ターン

リーグ戦は好調だが、一方でカップ・トーナメントは軒並み早期敗退。
特に昨年、南ブロック決勝まで進みながら苦杯を舐めたFLトロフィー。今年がラストチャンスと必勝を期しながら、ホームでまさかの初戦敗退。FAカップも一回戦でリーグ2時代の宿敵オックスフォードに敗れ、今後の出場機会をごっそり奪われたバックアッパー達は阿鼻叫喚に違いない。

2013y01m14d_102000663-s.jpg
ここまでリーグ戦7ゴール5アシスト、評価点7.35。
特筆すべきは一試合平均タックル7.42(リーグ2位)。攻守に大車輪の活躍だ。


2013y01m14d_102005487-s.jpg
中盤センターで闘犬リーとタッグを組むチャンスメイカー。
評価点7.47、キーパス41(リーグ3位)。身体を張った守備と空中戦の強さも貢献度高し。


2013y01m14d_102013238-s.jpg
評価点7.38、キーヘディング81(リーグ1位)を記録する守備の要。
相手FWの個人能力にやられることもあるが、守備組織の安定感は昨季よりも格段に上。


さて、今年はW杯イヤー。
熱戦が繰り広げられた各大陸、最終予選の結果を振り返ってみよう。

まずはヨーロッパ。2008年ユーロ、2010年W杯、2012年ユーロとビッグトーナメントを連覇し続けているスペインがついに斜陽の時を迎えた。序盤から4連続ドローと躓き、同組のフランスに大きく水を開けられてGL2位に滑り込むのがやっと。プレーオフで格下マケドニアをくだし、何とか本戦出場に漕ぎつけたものの無敵艦隊が沈む日も近いか。イベリア半島の隣国ポルトガルも大苦戦。大国ロシアに次ぐ2位でプレーオフに回り、ハンガリー相手にPKまでもつれ込んでの辛勝。どうしたクリスティアーノ・ロナウド!

2013y01m14d_072739942-s.jpg
「俺は悪くない!チームメイトが足手まといなんだ!」

残念なのはスウェーデン、デンマークの北欧二強が予選で姿を消してしまったこと。本大会でイブラヒモビッチが見られないのは寂しい。替わりに北欧からは島国アイスランドが台頭。ボスニア・ヘルツェゴビナと共に悲願のW杯初出場を果たした。

2013y01m14d_072650618-s.jpg
「俺様のいないW杯なんて観る価値なくね?」

一方、南米大陸では予選免除のブラジルを省いた最終予選。アルゼンチン、ウルグアイに次いで上位に食い込んだのは久しぶりのコロンビアとチリ。5位のエクアドルも大陸プレーオフでサウジアラビアを破り、2006年ドイツ大会以来W杯に帰ってきた。逆に前大会ベスト8、近年の常連国となっていたパラグアイはまさかの敗退。

2013y01m14d_072807489-s.jpg
「コロンビアといえばバルデラマ?イギータ?いやいや、時代はこのファルカオだぜ!」

他の大陸は常連国が無難に本大会進出。我らが日本もいの一番に予選を突破していた。プレ大会となるコンフェデでは主催のブラジルを抑えてGL突破、準決勝でイタリアに敗れたものの3位決定戦でスペインを破る大金星。目標とするW杯8強進出も期待できそうだ。

2013y01m13d_224141550-s.jpg
かつて代表を率いた「ドーハの悲劇」指揮官も草葉の陰で喜んでいることだろう
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/218-6be00cce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。