--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.21 英Gills#7 / 年刊御意見番
長かったシーズンも終わり、一年の総括。
といっても選手全員を語っていたらキリがないので、今季活躍した「あっぱれ!」組と期待を裏切った「喝!」組を何人か取り上げるに留めたい。

あっぱれ! ST パブロ・コウナゴ / 46(2)試合 28得点 8アシスト 7.18
2012y09m21d_201406410-s.jpg
今季のL2得点王。ベテランながらリーグ戦全試合に出場し、前線に君臨。得点力もさることながら、スペイン人らしい巧みなボールタッチとポストプレイで攻撃をリードした。契約を延長した来季は優勝したWユース・ナイジェリア大会を思わす背番号9を背負う。

あっぱれ! CB マックス・エーマー / 54(1)試合 14得点 0アシスト 7.23
2012y09m21d_201413867-s.jpg
有力視されていたリーグMVPこそ逃したが、QPRから借りてきたこの若きドイツ人の空爆を抜きにして今季の優勝はなかった。また試合終盤の守備固め時にはボランチの位置に入り、相手のロングボールを跳ね返す役割を全う。レンタルを延長し、来季もジリンガムの一員として戦う。

あっぱれ! CH ダニー・スピラー / 23(28)試合 3得点 18アシスト 7.01
2012y09m21d_201438452-s.jpg
かつてチームの顔だった「ジリンガムの貴公子」が完全復活。自身のユーティリティ性とチーム事情から序盤はベンチ要員だったが、限られた出場時間の中でアシストを量産。シーズン終盤はウェストンからレギュラーを奪い、知性と情熱を併せ持った有機的なプレイで奮闘。補強が進む来季も戦力として計算できる。

あっぱれ! SB ジョー・マーティン / 43(1)試合 1得点 18アシスト 7.07
2012y09m21d_201430606-s.jpg
「右のスピラー」に対し、「左のマーティン」としてコーナーキッカーを務め、チーム最多のアシストを記録。サポーターが選ぶ今季のチームMVPに選出された。ただ本職の守備は軽さが目につく。来季のポジションは約束されていない。

喝! ST ジョー・クフォー / 18試合 0得点 2アシスト 6.77
2012y09m21d_201456923-s.jpg
喝っていうか君はもうお別れなんだけどね?右WGのレギュラーポジションを与えられながら開幕から18試合連続ノーゴール。挙句のふくらはぎ筋肉断裂で長期離脱。そのままリザーブから上がってくることはなかった。契約延長はありません。

喝! CH カーチス・ウェストン / 32(2)試合 2得点 4アシスト 6.89
2012y09m21d_201354523-s.jpg
結局、日記に取り上げたスウィンドン戦、オックスフォード戦以外のゴールはなく、「自らが得点するとチームは勝てない」という不名誉な記録を作り上げてしまった。FW陣の決定力不足も手伝ったとはいえ、攻撃に専念させる役割を与えながらこの成績は寂しい。一応、契約延長はしたが来季は正念場。むしろ移籍リスト掲載一歩手前。

2012y09m21d_210637984.jpg
スコアってなんなの?

今季のリーグ2優勝は至上命題。とにかく気持ちは既に来季へ向いている。
オックスフォードをはじめ、先を行く名将に追いつき追い抜くつもりで精進したい。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/200-00e35408
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。