--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.15 英Gills#4 / ゴールキーパーの悲哀
どれだけプレシーズンが好調に過ぎても、開幕にはいつだって期待と共に一抹の不安がつき纏うものだ。対戦相手はメディア予想最下位のバーネット。格下とはいえ、敵地に乗り込むのだからそう侮れない。

中盤トライアングルでのボールポゼッションから1トップに楔を入れ、又は両ウイングへの展開が主な攻撃パターンのジルズ。序盤から攻撃の主導権を握り、主砲コウナゴの巧みな2ゴールで先制。このまま楽勝かと思いきや、バーネットにまさかの反撃を受け同点に追いつかれてしまう。相手オウンゴールなどで再度突き放し、最終的には4-2で勝利するも手放しに褒められる内容ではない。

2012y08m15d_130238703-s.jpg
鮮やかなドリブル突破でダメ押しの4点目を決めたクフォー

名将の懸念をよそにチームは爆発的な攻撃力で開幕8連勝。国内カップ戦の一つ、リーグカップこそ初戦敗退したが、それでもチャンピオンシップ優勝候補のサウサンプトン相手にアウェイで最後まで食い下がる2-3と激闘を演じた。

2012y08m15d_165940841-s.jpg
連勝こそ第9節ロザラム戦で止められるもリーグ戦無敗は未だ続く

ノルマの一回戦突破を楽々クリアし、上位進出も期待できるFLトロフィー。準々決勝まで勝ち上がっての対戦相手は昇格候補オックスフォード。ホームで戦う以上負けるわけにはいかない。むしろボコボコに叩きのめして戦意を奪ってやりたいところだ。

ゲームを支配しながら決定機をモノにできず、じりじりする展開で迎えた後半35分。セットプレーからの何でもないハイボールをバンクスがまさかのファンブル!

2012y08m15d_163017269-s.jpg
これだからおっさんはよお!

ミドルに対する反応の緩慢なフリットニーに替わり、リーグ第3節からゴールマウスを任されると、これまで四度の週間ベストイレヴンに輝いてきたバンクス。しかしGKは非情なポジションだ。積み上げてきた信頼が一度のミスで無に帰すのだから。

試合は交代出場したジャックマンのゴールで追いつくもPK戦の末、敗北。
FLトロフィー制覇はまた来年再挑戦だ。

獲得 GK ヤノシュ・バロー
2012y08m15d_175641213-s.jpg
ハンガリー代表キャップを持つ長身GK。リザーブでコンディションの整ってきたところに上記の事件発生。首位を走りながら今季二度目の正GK交代となった。

獲得 GK ジュニオール・アゴゴ
2012y08m15d_175651810-s.jpg
かつてガーナ代表として活躍した強靭なフィジカルを武器とするストライカー。半年契約でレンタルしているベルカンプが延長できなかった場合を考慮して獲得。

退団 CB ガリー・リチャーズ
2012y08m08d_093017042-s.jpg
120万という移籍金で近郊のウィンブルドンに放出。どれだけ空中戦が得意でも1vs1に強くても頭の悪い選手はCBで使えない。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/189-ce065b26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。