--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.07 英Gills#2 / 堅牢ジルナチオ
監督に就任して最初にすることといえば理事会へ挨拶がてらの要求だ。

ジリンガムの場合「理事会」といっても名ばかりで、コピー機販売を専門としている実業家ポール・スカリー氏による完全ワンマン経営である。彼はクラブを深く愛しており、試合はもちろん、練習グラウンドにも顔を出して選手とコミュニケーションをとることも頻繁だ。今後、私の挑戦が成功し、クラブ規模が大きくなれば、他のクラブのように会長以下、取締やゼネラルマネージャーといった役職の人物も登場するのだろうか?

要求はいつも通り、「親クラブ提携先の模索」「フィジカルトレーナーの増枠」「人件費予算の増額」の三点セットだが、前二つはすんなり通ったものの、なぜか今回に限って予算増額を断られる。冗談じゃないよ!補強できないよ!

2012y08m08d_001030998-s.jpg
これ何気に今季の分水嶺になるかもね……

のっけから躓いてしまったが、目が前についているのはなぜだと思う?
前へ前へと進むためだ!チクショウ!

退団 FW ギャビン・トムリン
2012y08m07d_235955796-s.jpg

というわけでまだ合流もしてないのに悪いけど、お前クビな。
ショボいFWわざわざレンタルして、しかも年俸490万こっち持ちなんてありえないんだよ。とっとと送り返せ!

他のリストラ候補選定はいったん後回しにして、スタッフ陣の入れ替え。

2012y08m08d_050311528-s.jpg
大半はおなじみの面子でござい

奇しくもプレシーズンマッチ初戦の相手はアシスタントマネージャーに招聘したマーク・チェンバレンの愛息アレックス・チェンバレン擁するア-セナル。勝ち負けは度外視して、まずはプレミア屈指の強豪相手に守備組織がどこまで通じるか確認したい。

2012y08m08d_094516700.jpg
10人で守り、1人で攻める10 men behind the ball

相手は控え主体とはいえ、ロシツキー、シャマフ、シュチェスニーといった世界的選手がスタメンに名を連ねる。イングランドの将来を背負う右WGアレックス・チェンバレンを抑えるため、こちらの左SBには本職ではないがスピードと一対一に強いキングを配置。ガナーズ自慢のパスサッカーにカテナチオならぬ"ジルナチオ"で対抗する。

開始早々、GKフリットニーの絶妙なロングフィードから抜け出したSHウェルプデイルが豪快に決め、まさかの先制。「舞い上がるな!先は長い!ボールをキープして時間を稼ぐんだ!」中盤を支配されるのは当然のこと。最後の一線さえ越えさせなければいい。時間を上手く使って目論み通り塩試合に持ち込む。

後半24分、セットプレーからCBフランプトンが貴重な追加点を挙げ、勝利をぐっと手繰り寄せると、その後のアーセナルの猛攻をパク・チュヨンの華麗な反転シュート1点に凌ぎ、親善試合ながら見事ジャイアントキリング達成。

見たかベンゲル!これが俺のジルナチオだ!
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/187-731d79ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。