--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.28 英Gills#11 / ウェンブリーの閃光
シーズン途中に4-4-2フラットの英国式フットボールから4-3-1-2のイタリア式カルチョへと大胆に戦術の舵を切ったジリンガム。結果から述べると、これが大成功だった。

システム変更した第31節から1引き分けを挟んで怒涛の7連勝。安定した守備を土台に2トップのコウナゴ、クフォーに新加入のペトルッチを加えた前三人で鋭利なカウンターを次々と繰り出す。この8試合の間には2位オックスフォードをはじめ、昇格を争う上位陣との直接対決が多くを占めていたのだが、我が軍の唐突なスタイル変更にまだ対策が練れていなかったのだろうな?存分の試合内容でライバルとの大一番をことごとく制し、迫っていた2位以下を再び突き放すことに成功した。私は賭けに勝ったのだ!

リーグ戦で大不振に陥っている間も密かに勝ち上がっていたのがFLトロフィー。リーグ1クラブを3連破して南ブロックの頂点に立ち、北ブロックの覇者プレストンと”サッカーの聖地”ウェンブリーでタイトルマッチを行う権利を得た。FLトロフィーはその名の通り、リーグ1とリーグ2に所属しているクラブで争うトーナメント。この機を逃せば二度とタイトル獲得のチャンスは訪れないかもしれない。下馬評ではやや不利だが、今の絶好調なチーム状況なら充分伍して戦えるはずだ。

試合は中央の守備を固めてカウンターを狙うジルズとスペースの空いたサイドに広く展開するプレストンの拮抗した展開。0-0のまま延長へ突入するかと思われた後半終了間際、自陣でボールを奪ったクリフォードからコウナゴ、クフォー、前線まで駆け上がったクリフォード、そしてペトルッチとダイレクトによるパス交換”フラッシュパス”が炸裂!仕上げも鮮やかに1タッチでゴール隅に決め、相手GK一歩も動けずこれが決勝点。ジリンガムの歴史上、初めてFLトロフィーのタイトルを獲得した。

2012y07m28d_013456890-s.jpg
ペトルッチはこれが移籍後初ゴール。連携に苦労しているが、大一番で自身の存在を示した。

試合後、各方面からこの名将を「奇跡を起こす男」と賞賛する声が相次いだが、今はまだ喜びに浸っている場合じゃない。今季の最大目標だったリーグ2制覇も目前のところまで来ている。気を緩めず、シーズン最後までプッシュを続けたい。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/181-2b938a6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。