--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.11 英Gills#8 / アキンフェンワがあらわれた!
アデバヨ・アキンフェンワという選手をご存知だろうか?

2012y07m09d_020142687-s.jpg

今季は古巣のノーサンプトンに戻ってプレイしているが、2010-2011シーズンはジルズのエースとして活躍した。私が日本にいる頃、某FIFA11というサッカーゲームで遊んでいた時、ウェストンと共にジリンガムで一番最初に覚えた選手である。

彼の特徴は他を圧倒するフィジカルである。とにかくデカい。というか太い。180cm108kg。「お前、やる競技間違えてるだろ!FWはFWでもスクラム組む方だろ!」と云いたくなる。

2012y07m10d_005723671.jpg
試合を観てても一人だけデカいのですぐ分かる

その怪物アキンフェンワ擁するノーサンプトンと第9節で対決。開幕から順調飛行を続けるジルズはここまで6勝2分の首位。対するノーサンプトンも「中位に終わる」といわれていたメディア評を覆し、ここまで2位と好調。いきなりの首位攻防戦である。

試合は0-0のスコアレスだったが、怪物アキンフェンワは対面のフランプトンが見事にハムストリング断裂で倒した。地球の平和は守られたのだ。

しかし因果応報というのか、昇格の有力候補であるクラウリーとの次節。6-0の圧勝劇を見せながら、ここまで10試合で8得点を挙げていた絶対的エース・コウナゴが鎖骨骨折。リーグカップ一回戦同様、大勝の影でいつも怪我人に泣く。

2012y07m10d_011944546.jpg

頭一つ抜け出しているとはいえ、怪我人が続出している状況で予断は許さない。
ノルマは昇格だが、内心は優勝しか狙っていないのだから。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/178-b7e8b31b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。