--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.22 英Gills#6 / ジリンガム選手名鑑2011 守備陣
開幕からおよそ一ヶ月。夏の移籍市場が閉まったところで2011-12シーズンを戦うチームスカッドを紹介する。リザーブ・ユース選手を含めると50名以上所属しており、全員挙げていてはキリがないので、今回は現時点でトップ登録している23名。まずはディフェンス陣。

GK ロス・フリットニー 現能力☆2.5 潜在能力☆2.5
2012y02m21d_041210937-s.jpg

プロサッカー選手としてのキャリアをフラムで始めるも、華やかなプレミアの舞台を踏むことなく一時は地方アマチュアの英8部まで都落ち。そこから這い上がってきた苦労人。大きな欠点のないリーグ2では平均的なGK。給料も安く、しばらくはレギュラー安泰か。

GK パウロ・ガザニガ 現能力☆1.5 潜在能力☆4.5
2012y02m21d_041355078-s.jpg

英下部リーグでは異色のアルゼンチン人GK。「フリットニーを遥かに凌ぐポテンシャルを秘める」と評されるが、スキル以前に英語が全く喋れないのでコーチングできない。その上、チームワークやポジショニングも最低評価。この辺りの課題が克服できないようならサブGKの座は今季ユース獲得した年下のデーブ・パートンに取って替わられるだろう。

CB マット・ローレンス 現能力☆3.5 潜在能力☆3.5
2012y02m21d_041432578-s.jpg

プレミア在籍経験こそないが、プロ通算525試合を数える下部リーグの鉄人。スピード、スタミナの衰えはさすがに隠せないが、空中戦と一対一の強さは健在。メンタル面も強く、副将としてチームを支える。引退後はコーチ転身を考えているらしい。メリークリスマス、ミスター・ローレンス!

CB アンディ・フランプトン 現能力☆3.5 潜在能力☆3.5
2012y02m21d_041234078-s.jpg

英国人特有の人への強さに加え、スピードやフィードもこのディビジョンでは水準以上のオールラウンダーな能力を誇るCB。左SBもソツなくこなせる最終ラインの中核的存在……のはずなのだが、意外とポカが多く開幕の頃に比べ信頼度はやや低下している。ポジショニングと判断力が今イチだからか?

CB マキシム・ブランチャード 現能力☆3.5 潜在能力☆3.5
2012y02m21d_041226687-s.jpg
昨季まで英リーグ1のトランメアでプレイしていたフランス人CB。開幕前にFAで獲得。これが大当たりで守備はもちろん、ボランチもこなせるほどの手堅いビルドアップ能力と落ち着きを備えている。英リーグ2レベルなら全く欠点は見当たらない。

CB イグナシ・ミケル 現能力☆3.5 潜在能力☆4.5
2012y02m21d_041409812-s.jpg

アーセナルから期限付きで借りているスペインU-20代表CB。その高いフィード能力と空中戦での強さは同胞のピケを彷彿とさせる。残念ながら開幕前に召集されたスペインU-20代表の試合でつま先を骨折してしまい、まだ一度もジリンガムのユニフォームには袖を通していない。

CB サイモン・キング 現能力☆2.5 潜在能力☆2.5
2012y02m21d_041447734-s.jpg

ロックスターみたいな名前と風貌。対人能力と空中戦はレギュラー陣に勝るとも劣らないが、CBとしてはフィジカルコンタクトに弱く、SBとしては敏捷性が足りないというあと一歩な選手。もちろん全てを水準以上に兼ね備えていればリーグ2辺りで燻ってなんかいないだろうが。CBは枚数が足りているので左SBにコンバート中。

RSB バリー・フラー 現能力☆3.5 潜在能力☆3.5
2012y02m21d_041219078-s.jpg

優れたスキルを持っているわけではないが、献身的で勇敢なジルズのキャプテン。勇敢すぎてよく相手選手を負傷に追い込んだり、チームメイトを練習で削ったりする。「滅多に故障しない」とコーチから太鼓判を押されているタフガイでもある。

RSB マット・フィッシュ 現能力☆1.5 潜在能力☆2.5
2012y02m21d_041440390-s.jpg

現状では攻撃力、守備力、スピード、どれも今ひとつ物足りないバックアップ。守備専SBとして有望なダミロラ・アジャグベとユース契約を交わしたので、契約期間中に著しい成長を見せなければ放出候補となるだろう。ヒゲを整えている場合ではない。

LSB ジョー・マーティン 現能力☆3 潜在能力☆4.5
2012y02m21d_041243453-s.jpg

キャリアスタートが強豪トッテナムなだけあって攻守に優れたスキルを持つ上、フィジカル面でも弱点のない最終ラインで最も将来が明るい選手。強いていえばフラーを見習って戦う姿勢がもう少し欲しいか。プレシーズンに負傷してしまい、早期復帰が待たれる。
Secret

TrackBackURL
→http://kenty20.blog15.fc2.com/tb.php/139-de081ff4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。