--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05.10 ユーロ2016を前に
遅ればせながらレスター優勝おめでとう!

と歴史的快挙に便乗したいところだけれど、クラブシーンにあまり興味のない自分はむしろユーロ2016に備え、最近WOWOWで放映されている過去の欧州選手権激闘譜を観てモチベーションを高めていた。

1458615436_R.jpg

やっぱ2000年のユーロとか観てると懐かしいなあ。スペインのゴールマウス守ってるのがカシージャスじゃなくてカニサレスっていう。ラウールがまだ若くてカッコいい。今季限りで引退する天才バレロンもスカッドに名を連ねている。チームとしてはその後の無敵モードが想像できないくらい線が細く、やや小粒感漂う。

この大会はジダン擁するフランスが98年W杯に続いてビッグトーナメント連覇したけど、ローマの王子トッティが欧州の舞台に台頭したイメージも鮮烈。確かこの頃、中田とポジション争いしてたんだっけ?まさかまだ現役続けてるなんてね。

tott_R.jpg

当時の若かりし名プレーヤーやスタジアムの雰囲気、ダボダボのユニフォームを観ていると、まだ自分が10代だった頃の感覚や匂いまで蘇ってきて高揚感に少し切なさが入り混じったセンチな気分になる。俺も年をとったんだな。サッカーの歴史と共に。

France-Italie-2000_R.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。