--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.28 英Gills#16 / ブラッククラブに勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
前回記事のコメント欄にも書いた通り、「期待の中心選手を格安の最低移籍金設定で強奪される」というクラブを揺るがした「イブラヒム騒動」は本人の不可解なオファー拒否により一件落着。

CH アブディ・イブラヒム
2013y01m31d_204351865-s.jpg

これを機に「最低移籍金設定はもうちょっと念入りにやろう」と気を引き締めた名将であるが、しかし喉元過ぎれば熱さ忘れる。プレシーズンも済んでもうすぐシーズン開幕というのに未だイブラヒムに対する契約は更改していない。

なぜか。
クラブ最高給を保証してしまった新入団選手の存在である。

WG ロビー・ブレディ
2013y02m28d_061602757-s.jpg

今ここでイブラヒムを契約更改してしまえば2400万どころか3000万をゆうに超える高額年俸を求められるのは必然。となると入団契約を交わしたばかりのブレディの年俸もいきなりイブラヒムと同額にまで引き上げることになり、これまでジリンガムに尽くしてきた他の選手たちと大きな格差が生まれてしまうのだ。チームを率いるものとしてこのような不平等は看過できない。決して名将の現実世界における不満が投影されてるわけでないということは付記しておきたい。ちくしょう。

2013y02m28d_062250278-s.jpg
チームの中心選手ながら未だ安月給でこき使われる俺……じゃなくてペインさん

2013y02m28d_061706334-s.jpg
「お前ら好きなサッカーでメシ食えるだけ幸せと思え!」

まあブレディとの契約を見直す常識的な時期……半年後かな。
そこでブレディのクラブ最高給保証を外す新契約を結べたら、イブラヒムを始め、他の選手たちとも契約更新したいと思います。この計画が不発に終わってイブラヒムをボスマンで獲られようもんなら一巻の終わりだが。

さてジリンガムにとっては2004-2005シーズン以来、十年ぶりのチャンピオンシップ帰還。
さすが「世界最高の二部リーグ」といわれるだけあって、ウォルバーハンプトン(年間賃金33.8億)、サンダーランド(29.8億)、ウィガン(23.2億)、カーディフ(20.9億)などプレミア経験クラブがずらりと並ぶ。これまでぬるま湯だったフットボールリーグ時代とは違う、歯ごたえのある戦いが待ち受けていそうだ。

2013y02m28d_071636117-s.jpg
ジョン・テリーに恋人を寝取られた挙句、2010年W杯を棒に振った薄幸の元代表SBウェイン・ブリッジ

2013y02m28d_072638711-s.jpg
サカつくEUで大変お世話になった元マンチェスターUのキーラン・リチャードソン

チャンピオンシップともなると強豪国の元A代表や中堅国の現代表がどこのクラブにも当たり前のように在籍していて、対戦相手のスタッツを眺めるだけでも楽しい。

ちなみにうちの年間賃金は同ディビジョンで断トツ最下位の3.2億。
私の給料は2000万です(フリーザ口調で)。
スポンサーサイト
2013.02.21 英Gills#15 / ブラジルW杯、始まる
ついに幕を開けた2014年ブラジルW杯。
メッシが伝説となるのか、カナリア軍団が母国で意地を見せるのか。はたまた前大会に続き、ヨーロッパ勢が異大陸で植民を果たすのか。そして我らが日本代表。ザック自慢の3-4-3は世界の檜舞台でどこまで通じるのか(だから長友も内田も外れたんだな……)。

2013y02m20d_141334963.jpg
国際大会でまたしてもブラジルと同組になった日本は香川、清武の負傷離脱もあり、無念のGL敗退
欧州予選で王者スペインを抑え、首位通過でW杯に乗り込んだフランスだが、まさかの全敗帰国

2013y02m20d_141353563.jpg
GL三試合を全て大量得点で勝利したドイツの充実が光る
アジア勢で唯一、決勝T進出を果たした韓国。一方、アフリカ勢は軒並み敗退

2013y02m20d_141447539.jpg
オーストラリアとNZがGLで一緒とか……

2013y02m20d_142352119-s.jpg

ベスト8で激突したブラジルvsアルゼンチンが事実上の決勝戦だったか。
ここを乗り切ったアルヘンが決勝でイングランドとの因縁の対決を制し、マラドーナを擁した1986年以来となる三度目の優勝。

注目のメッシは前述したブラジル戦から決勝まで、怒涛の三試合連続ハットトリック!大会12ゴールで断トツのW杯得点王に輝き、これで名実共にサッカー界のレジェンドとなった。

2013y02m20d_142431557-s.jpg
そして伝説へ……

代表チームが世間を賑わせていた頃、欧州クラブでは来季に向けた人事の刷新が行われていた。

2013y02m20d_143327458-s.jpg
引退したサー・ファーガソンの後継にはベップが

スペイン代表監督に転勤したヴィラノバに替わり、バルサはドルトムントからクロップを強奪。
凋落する名門ミランはクラブの元英雄ファン・バステンに再建を託す。

そして我がジリンガムもかつて世界に名を知られた選手たちをコーチングスタッフとして引き入れることに成功。

2013y02m20d_143452108-s.jpg
ジェームズ(笑)は目論見通り昨季限りで現役引退。そのままクラブに残ってGKコーチに

2013y02m20d_143425796-s.jpg
小野と本山に世界を夢見た世代にとっては何よりも嬉しいコーチ就任。できれば生涯契約

人事と並行して着々と進む戦力補強。
しかし一通りメンツの揃ったところでクラブの中心選手に強奪の魔の手が!

2013y01m31d_204351865-s.jpg

2013y02m20d_143238637-s.jpg
ふぁっく!最低移籍金!
2013.02.01 英Gills#14 / 主は来ませり
FL1もついに佳境。他のカップ戦を早期敗退してしまった分、リーグ戦に主力を一本化できたジルズは優勝に向けてひた走る。一時は二位以下に勝ち点差10をつけ安全圏に入ったかと思われたが、終盤にきて一時は沈みかけていたイプスウィッチが驚異的な粘りを見せる。主砲ジェイ・エマヌエル=トーマスを冬の移籍でエヴァートンに売却し攻撃力は低下したものの、ルーク・チェンバーズを中心とした堅い守備と接戦をものにする勝負強さで最後までジルズに追いすがるつもりか。

2013y01m31d_164138105-s.jpg
去年一緒に昇格したロザラムもここまでプレーオフ枠を争う奮闘。がんばれ、また一緒に上がろう!

CB ジョシュ・ミーキングス
2013y01m31d_165101852-s.jpg
冬に移籍金2200万を払って獲得。右SBも可能。
まだ若いがウォレンとキングが組むCBのレギュラー争いに充分食い込んでいけるだけの能力を持つ。


「さあ残り4試合、マッチレースだ!」と鼻息荒くしていたところ、こっちが2試合連続で接戦をものにしたのに対し、向こうは息切れしたのかあっさり勝ち点を落として優勝決定。あっけない幕切れだった。

2013y01m31d_173007116-s.jpg
誉めYO!

2013y01m31d_172758251-s.jpg
讃えYO!

2013y01m31d_172831511-s.jpg
我こそジリンガムのメシアYO!

返す返すもFLトロフィーを獲れなかったのは残念だけど、考えてみればかのマンチェスターUやアーセナルだって優勝してないもんな!常勝クラブには必要ないタイトルですよ、ふんっ。

CH アブディ・イブラヒム / リーグ44試合出場 9得点 8アシスト 評価点7.48
2013y01m31d_204351865-s.jpg
惜しくもリーグMVPは逃したものの、キーパス83(リーグ1位)など攻守に大車輪の活躍。
ボールが飛び交うイングランドでは中盤でも彼のように空中戦が強い選手がいると有利になる。
ゆくゆくはノルウェー代表にも選ばれて、四年後のW杯を目指してほしい。


CH チャーリー・リー / リーグ43試合出場 9得点 8アシスト 評価点7.38
2013y01m31d_204411304-s.jpg
チームではイブラヒムに次ぐ評価点でリーグ・ベスト11に選ばれた。
今年はイブラヒム、リーの他、左WGのフォーシスも選出されている。
1試合平均タックル7.60(リーグ2位)は闘犬の名に相応しいスコア。


RW アレックス・マクドナルド / リーグ33試合出場 11得点 14アシスト 評価点7.37
2013y01m31d_204508860-s.jpg
右WGながらSTバーナードの18得点に次ぐチーム2位のゴールを挙げた。
枠内シュート率はリーグ1位の68%。昨年リーグ2・MVPのウェルプデイルからレギュラーを奪った。


2013-14 欧州主要リーグ、大会の結果

プレミアリーグ
2013y02m01d_020103546-s.jpg
朴智星がキャプテンを務めるQPRの躍進が著しい。CLへの出場権を失ったチェルシーは海老蔵ことディ・マッテオが解任され、セリエAから名門フィオレンティーナを復権させたモンテッラを強奪。アブラヒモビッチ恐るべし。優勝したマンチェスターCに在籍した我らが長友だが、クラブでベンチを温め続けたことが祟り、W杯本大会を前にしてまさかの代表落ち。ありえん。

リーガ・エスパニョーラ
2013y02m01d_020226351-s.jpg
二強体制から徐々にバルセロナの一強状態に。昨季冬の移籍で加入したファルカオがクリスティアーノ・ロナウドを抑え、得点王に。いつまで栄華が続くか。

ドイツ・ブンデスリーガ
2013y02m01d_041954119-s.jpg
シャルケ逝きましたー。あまりの低迷ぶりに今季途中から名将ヒディンクを招聘したものの立て直せず。入れ替え戦でボーフムに敗れ、まさかの二部落ちです。二年連続ほぼ戦力外だった内田は前述の長友共々W杯メンバーから漏れ、泣きっ面に蜂。俺は信じないぞ!なにげにブレーメンも危なかった。

セリエA
2013y02m01d_020126244-s.jpg
ナポリがマラドーナ以来のスクデット獲得。ミラノ勢の凋落は何とかならんのか。ちなみに躍進したアトランタには宇佐美、辛うじて降格を回避したラツィオには遠藤が在籍中。

チャンピオンズリーグ
2013y02m01d_042130695-s.jpg
昨年と同じ対戦となったファイナルはバルセロナが雪辱。メッシ2発、ファルカオ3発でユーベ守備陣を蹴散らした。今季で引退するプジョルにとっても最高のフィナーレだろう。消滅したかに思われたオランゲリーグからはアヤックスがベスト8に進出。よかったね(鼻くそほじりながら)

ヨーロッパリーグ
2013y02m01d_042158172-s.jpg
リーグ戦2位に加え、ヨーロッパリーグでも優勝と古豪ボルシアMGに復権の予兆。それにしても準優勝したストークのクラウチである。プレミア得点王となるリーグ20ゴールに加え、ELでは大会記録を塗り替える18得点の大爆発。W杯本大会メンバーの切符を掴んだ。
ていうかシャルケそんなとこまで勝ち進んでんじゃねえYO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。