--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.30 英Gills#3 / ヘッセンテイラー家の野望
お待たせしました。
今日から私は世間とは一週間遅れの連休突入。
イングランドに渡り、現在プレシーズンを粛々と消化中です。

新布陣の公開はシーズン開幕直前に発表するとして、
今回はジリンガムの象徴的存在を紹介し、お茶を濁したい。

FM2013からスタッフ陣に新たな役職がいくつか登場しました。
その一つがフットボールディレクター。現場監督よりもう一つ上の立場からチーム強化、クラブビジョンの構築に勤しむいわば総監督のようなものです。
今季ジリンガムにおいて、そのポジションに座るのがアンディ・ヘッセンテイラー。

2012y11m30d_033759940-s.jpg

栄光の2000年代前半チャンピオンシップ在籍時代に現代では稀な選手兼監督としてジルズを率いた、クラブ史唯一の伝説的人物です。

昨季まで監督を務めていたこの生きるレジェンド、FM2012では自分がジルズに来る度に泣く泣く追放してしまっていたのですが、今作からは二頭体制でチームを仕切ることに。
まあ人事権とかほとんど全て取り上げたから、あんたは傀儡に過ぎんけどな。

そしてヘッセンテイラーの血を引く人間がクラブには二人います。
一人はユース育成責任者という要職に就く親戚のダレン・ハレ。

2012y11m30d_034258377-s.jpg

そしてもう一人が選手として在籍する実の息子、MFジェイク・ヘッセンテイラー。

2012y11m30d_033721806-s.jpg

いや、クラブ・レジェンドの倅なんだからもうちょっと能力に下駄履かせてやれよ。
ダレン・ハレといい、もろに縁故採用やないか。

ちなみにこれが刷新した今季のスタッフ陣(ちょっと字面読みづらいけど)。

2012y11m30d_040106490-s.jpg
チーフスカウトのマクレアリー等、前作でもお世話になったスタッフが若干名

予算の限界で、先方の要求年俸にあと2、30万届かず交渉が破談になるケースが多発。
年俸780万の俺が回らない寿司ぐらい何べんか奢ってやるから、それぐらい我慢しろや!
あれ、何だろう。この頬を伝う涙は?現実の晩飯は今日も塩パスタです。
スポンサーサイト
2012.11.15 英Gills#2 / 帰ってきたコウナゴ
彼は遠い東南アジア、ベトナムリーグにいた。
在籍クラブに問い合わせてみると太っ腹。なんと無償で譲渡してくれる模様。
年俸も格安の390万で前作のエースがジリンガムに帰ってきた。

2012y11m15d_223820381-s.jpg

ST パブロ・コウナゴ
2012y11m15d_223839529-s.jpg
ご存知、ナイジェリアU-20W杯得点王。決勝ではトルシエ率いる若き日本の黄金世代から2ゴールを奪った。

スピードの衰えは顕著だが、自慢のテクニックは未だ健在。トレクアルティスタとしてもう一花咲かしてくれるだろう。ちなみに2013のジリンガムFW陣には彼のライバルとなるだろう、なかなか強力なニューフェイスが一人在籍している。

ST ディオン・バートン
2012y11m15d_223854949-s.jpg
98年フランスW杯のジャマイカ代表メンバー。日本戦にも出場した。

かつて日本代表のゴールマウスを脅かした二人のベテランFWの花道に期待。
しかしどちらも得点よりポストプレー、チャンスメイクに優れたタイプ。前線のターゲット枠として1トップの座を争うか、それとも2トップで同時併用の芽はあるのかはプレシーズンマッチの様子から探っていきたい。まあ後者はないだろうな。

とはいえ2トップにして、もう一人点取り屋の役割を託せる人材をデフォルトメンバーから選ぶにしても……

ST ベン・ストレヴンズ
2012y11m15d_231150340-s.jpg
いらねえよ、こんな半端な10番!初代様を返しておくれ!

ST ダニー・ケドウェル
2012y11m15d_231157610-s.jpg
既存キャプテン。屈強なフィジカルと空中戦の強さは買うけどスピードが絶望的。お金になるなら売りたい。

ST アダム・バーチャル
2012y11m15d_231203497-s.jpg
元アーセナルで若い頃は「将来のウェールズ代表を背負うのでは?」と期待されたが、度重なる大怪我でガタクタ化。靭帯断裂による1年のブランクからようやく復帰した。

ST アシュリー・ミラー
2012y11m15d_231211792-s.jpg
ジリンガム・ユースで育成された期待のスピードスター。将来性を考えレンタルで経験を積ませたい。

むむむむ。誰かレンタルしてこようかなあ。

ST ジョー・ガーナー
2012y11m15d_233447093-s.jpg
ワトフォードから絶賛構想外中!

この選手とか獲れたらFWは磐石よなあ。
でもレンタル枠は既存で1つ使ってるから残り3枚しかないんだよなあ。
他にも手薄なポジションが一杯あるからどうしたものか。
2012.11.13 英Gills#1 / 駆け出の日本人監督、サッカーの母国へ
2012y11m14d_014431567-s.jpg
「もう俺も30か……」ゲーム開始直後、唐突に襲われる現実

2012y11m13d_233305512.jpg
がらっと変わったユニフォーム。パンツは白です。女性なら黒が好きです

しかし変わったのはユニフォームだけじゃなかった。
前作でチームのマスコット的存在だった「ヘタレ・ファンタジスタ」ウェストンをはじめ、「ジリンガムの貴公子」スピラー、「魂のタックラー」フラーもすでにその姿なく。愛着ある旧主力メンバーに替わってトップチームへ名を連ねるのは、前作までリザーブに燻っていた悪いこと云わないから早くセカンドキャリアを探した方がいい若手とリサイクルセンターからかき集めてきたとしか思えない老衰寸前のガラクタたち。

要は大幅に戦力ダウンとしているということです。

2012y11m14d_003734544-s.jpg
これで今季目標は最低でも昇格とか冗談は顔だけにしてくれよな?

選手紹介はまた日を改めますが、一人だけ。
見慣れぬ新加入選手の中に見覚えのある姓をつけた人がいました。

WG マイルズ・ウェストン
2012y11m14d_003106018-s.jpg
「このたび二代目ウェストンを襲名することに成りましたマイルズです」

年齢も近い上に同じロンドン出身なのでもしや血縁かと思い、向こうのページを漁ってみたけど痕跡はありませんでした。一応、U-19くらいまではちょこちょこ代表キャップもあって将来有望だったらしい。初代ほど足元の技術やファンタジーはないものの、チーム唯一の左WGでもあることだしスピードを活かした突破力に期待。メンタルがヘタレなのは先代譲りなのか。

CH カーチス・ウェストン
2012y11m14d_003936483-s.jpg
ちなみに初代様はジルズ解雇後、同ディビジョンのバーネットで現役を続けている模様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。