--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.29 英Gills#2 / けふも元気だ、エゲレス料理がまずい
「前職では年に数回着る程度だったな」
ネクタイを締め、慣れないスーツ姿で仮住まいの家を出る。
ジリンガム初出勤の朝。まずは理事会のもとへ挨拶だ。

220px-Paul_Scally_with_Playoff_trophy.jpg
スカリーと不愉快な仲間たち

「やあ、ケンティー。君が来るのを待ちわびていたよ。昨夜はよく眠れたかな?」
初老の男、ポール・スカリー会長の差し出した手を力強く握り返す。
取締もGMもいないジリンガムの場合、理事会といっても名ばかりで、実際はスカリー会長のワンマン経営といっていい。

「君の挑戦を全面的にバックアップするつもりだ。要望があれば何でも云ってくれ。前体制のスタッフがまだチームに残っているが、気に入らなければ切ってもらって構わない。昇格さえしてくれるなら、だが」

2012y06m29d_035520968-s.jpg

「ありがとうございます。ではまずクラブハウス内にある食堂のスタッフを……そうですね、全員イタリア人かスペイン人に替えてもらえませんか?」
会長室に乾いた笑い声が響く。

「冗談です。フィッシュ&チップスにもこれから慣れていきますよ。在籍選手のことはそれなりに把握しているつもりですが、本気で昇格を目指すなら今の戦力では物足りません。レンタル移籍を活用するために上位ディビジョンの提携クラブを探して下さい」

2012y06m29d_035715421-s.jpg

「それから人件費予算をもう少し増やしてもらえると助かります。FA選手の中にきっと昇格の力となってくれる存在が眠っているはずです」

2012y06m29d_035747609-s.jpg

「なかなかやり手のようだな。監督を務めるのは本当にこれが初めてなのか?」
「ええ、しっかり勉強しましたから」

曖昧な笑いを浮かべながら私は会長室を後にした。
スポンサーサイト
2012.06.29 英Gills#1 / 無名の日本人監督、再びサッカーの母国へ
うっすらと目を開けてみた。
機内はまだ暗く、つけっ放しにした読書灯の明りはいつの間にか誰かに消されている。

まるで邯鄲のような、長くて短い夢だった。
田舎の弱小チームに過ぎなかったジリンガムFCは私が就任するや否や瞬く間に下部リーグを勝ち上がり、チャンピオンシップで破竹の十連勝。クラブ史上初のプレミアリーグ昇格へ突き進む……そんなブリティッシュドリームを見ていた。

隣で眠る白人男性の強烈ないびきと酒の臭いに現実へと引き戻される。
「これだからエコノミーは。今度日本へ帰る時は、せめてビジネスに乗りたいものだな」
長い時間折り曲げられて強ばった脚をさすりながら私は嘆息した。



ヒースロウ空港から列車を乗り継ぎ、ロンドン南東にあるケント州ジリンガムに降り立った。私の監督としてのキャリアはここから始まる。

2012y01m26d_023618109.jpg

これまでサッカーとは無縁の仕事に従事してきた日本人の私が、サッカーの母国イングランドで監督業に就くことになった経緯など、話しても詮無きことだ。過去を語ることに価値はない。大切なのは未来のために今を積み重ねること。荷解きもほどほどに、私は郊外にあるジリンガムの練習グラウンドへ車を走らせることにした。

フットボールリーグ2。世界中から注目を集めるプレミアリーグを頂点に、チャンピオンシップ、フットボールリーグ1と続くイングランド下部リーグ。今季から私が指揮を執るジリンガムFCは更にその下のリーグ2に所属する、実質四部クラブだ。

2012y06m28d_020217718.jpg

とはいえ、さすがサッカーの母国イングランド。選手のクオリティはともかく、サポーターの熱狂やスタジアム、練習設備などはその辺のJクラブを凌駕する。日本サッカーもトップレベルでは欧州の列強に比肩するレベルに達してきたが、底辺を深め、押し広げていくにはまだまだ熟成が必要なのだろう。

練習場に着くとアシスタントコーチの下、選手たちはミニゲームに興じていた。ボール扱いこそ雑だが、ボディコンタクトは当たり前のように激しい。私はあえてグラウンドの中へ入らず、見学しているサポーターたちの間に混じり、ピッチ脇から練習を見守ることにした。

しばらくそのまま選手の動きを観察していると、青いレプリカユニフォームを着た年配のサポーターが話しかけてきた。

「ヘイ、ジャパニーズ。観光かい?」
「いや、この町へは仕事で来たんだ。しばらく滞在することになる」
「そうか。葡萄畑と煙草以外、何もない町だが、ゆっくりしていってくれよ」
「ところでカーチス・ウェストンってのは彼かい?」

2012y01m26d_024534562.jpg

私は今しがた強烈なミドルシュートを放った褐色の選手を指差しながら問うた。
彼はまるで自分の子供を褒められたように笑みを浮かべながら、誇らしく頷いた。

「カーチスはこの町の宝さ。ナカタやホンダよりずっといいよ」

それはない、と心の中で返しつつ、私はウェストンの動きを注視した。
なるほど、キック&ラッシュが中心の英下部リーグで、正確なショートパスを味方に配給するウェストンの基本技術は確かに目立つ方だ。守備はあまり上手くないようだが、彼がいれば私の考える新システムもおそらく機能するだろう。

日も沈む頃、アシスタントコーチが練習の終了を宣言し、選手も見学客もそれぞれ解散した。駐車場へ向かう道すがら、先ほどの年配サポーターにまた声を掛けられた。

「ジャパニーズ。よかったら今から一杯飲みに行かないか?奢るぞ」
「ありがたいが、また今度。早く帰って明日からの仕事に備えなくちゃならない」

日本人はこれだからなあ、と呆れるように彼は肩をすくめた。

「こんな田舎でそんな熱心にする仕事があるかい」
「ああ」

私は振り返り、彼に近づいてそっと耳打ちした。

「ジルズをプレミアへ連れて行くことさ」

2012.06.28 英Gills#21 / 失敗した失敗した失敗した
次の記事を書くためにゲッツェの経歴データを開いたら2014年の国際代表試合0。
「W杯メンバーから落ちたのかよ」と思ったらシュバインシュタイガーもノイアーも0。

失敗した。
アップデートするとfake.lncって復活するのね。
そんな初歩的なことすらオラ知らなかったよ。

2012y06m27d_145107968-s.jpg
正直すまんかった……

全員架空で挑んだドイツ代表2014は戦後初めてベスト8に進めず、決勝トーナメント一回戦で散った。ドイツのスター選手達のキャリアを一瞬にして闇に葬ってしまった。慙愧の念が堪えない。なのでこのプレイデータは消去して最初からやり直します。

おそらくはブログを読んで下さっていた皆さんにも愛着があるであろう現ジルズ。消してしまうのは勿体ないし、これまで一緒に歴史を追ってきた皆さんにも申し訳ない。しかしこのプレイ日記はクラブの戦歴だけではなく、同時進行する箱庭世界の出来事も忠実にレポートしていきたいものなのです。精巧に組み上げられ、シミュレートさ
れた箱庭世界こそFootball Managerというゲームの肝なのですから。

なので消す。断腸の思いで消す。消すぞチクショオオオオオ!!!!!

当初の目論見ではジルズで成功を収めた後、冬の移籍を反映した最終アップデ-タで本来のファンクラブである某紫色の斜陽クラブを再建するつもりでした。でももうその夢は次回作に託そう。さようなら、モントリーボ。FM2012の名将はジリンガムに骨を埋める。

ちなみにただやり直すのも癪なので次回はJリーグパッチを入れてみます。
俺の城後が欧州を席巻するぜ!英国労働ビザ下りないけどな
2012.06.26 英Gills#20 / 主役なき祭典
2014年ブラジルW杯。最大の注目は現役最高のスーパースター、リオネル・メッシが名実共に母国の英雄ディエゴ・マラドーナ超えを果たすため、最後の条件「アルゼンチンをW杯優勝に導くか」に注がれる、はずだった。

2012y06m25d_014320640-s.jpg
画像は2015年当時の物となっております。ご了承ください。

しかしこれまでバルセロナで順風満帆なサッカー人生を歩んできたメッシのキャリアは突如、暗転する。W杯開幕を二ヵ月半後に控えた3月30日、リーガ・エスパニョーラの試合中に脛を骨折。全治六ヶ月の重傷。順調ならば大会期間中に26歳を迎えるはずだったメッシ。全盛期のW杯を棒に振るとは、悔やんでも悔やみきれない。

2012y06m25d_014413218-s.jpg
画像は2015年当時の物となっております。お察しください。

メッシが凶弾に倒れたことで注目を一身に集めることになったのがポルトガルの絶対的エース、クリスティアーノ・ロナウド。ユーロを制した2012年は四年ぶりにバロンドールを奪回したが、昨季は再びメッシにその座を明け渡してしまった。「どちらが本当のNo,1か、W杯の舞台で白黒つけよう」と心に誓っていただろう。メッシの大会不参加を誰より嘆いていているのは、もしかしたら宿敵の彼かもしれない。

「ポスト・メッシ」を争う新世代はどうだろう。

2012y06m25d_014513093-s.jpg
画像は2015年当時の物となっております。時はもう流れてんだよ。

若手で最も飛躍が期待されるのはドルトムントの星、マリオ・ゲッツェだ。昨季はメッシ、C・ロナウドを差し置き21歳の若さで世界年間最優秀選手賞に輝いた。バロンドール投票でも二大スーパースターに続く3位にランクイン。若きドイツ代表イレブンを優勝にまで導けば、一気に現役No,1へ名乗りを挙げることになる。

2012y06m25d_014535656-s.jpg
画像は2015年当時の物となっております。まだサントスかよ。

ネイマールは未だサントスに留まっている。世界で最もタフなプレミアリーグ挑戦を決断した元僚友ガンソと異なり、移籍による環境変化を避け、地元開催によるW杯出場に万全を期した。温暖地で栽培されたブラジルの至宝が欧州の厳しい舞台で凌ぎを削ってきた猛者たちと対峙してどこまで出来るか、お手並み拝見したい。

個人的に優勝予想をするならウルグアイだ。

2012y06m25d_014250078-s.jpg
画像は2015年当時の物となっております。予想は外れたよ。

2010年W杯ベスト4、2011年コパ・アメリカ優勝、2012年五輪優勝。古豪のレッテルは完全に覆した。ガストン・ラミレス、カバーニ、スアレス等を擁する攻撃陣は世界屈指だろう。「南米開催されたW杯は必ず南米のチームが優勝する」というジンクスに基づけば、欧州トップリーグで揉まれてもいない選手をエースに据える地元ブラジル、エースを欠いて大陸プレーオフにまで回ったアルゼンチンよりよっぽど有力だ。
2012.06.25 呪われたゲーム
ご無沙汰しております。
皆さんお元気ですか?毎晩ユーロ観てちゃんと寝不足してますか?

長らく更新が開いてしまいましたが、その間……。

二年付き合っていた彼女にフラれました。
十年来の親友が亡くなりました。
十五年振りに足を骨折しました。

もう踏んだり蹴ったりだよ、お母さん!

このブログを始めるにあたって「FMのやりすぎは人生を損なう」だの
「更新が順調に進むほど人生の階段を踏み外していく」だの書きましたが、
全くもってその通り。呪われたゲームですよ、これは。

特に強烈だったのが二番目の「親友が亡くなる」。
最期に会った日、俺がFMにハマっていることを熱く語ったら
サカつく好きな彼もすっかり感化され、早速アマゾンから取り寄せたものの
封を開くことなく緊急入院してそのまま逝きました。
冗談じゃないよ!お前が監督やらなかったらペルージャ・カルチョは誰が立て直すんだよ!
ヒロシュさんも全然更新してないんだぞ!

そんな幾多の悲しみと痛み(主に右足の親指)を乗り越えてブログ再開。
約束通りジリンガムは俺がプレミア、そして欧州の桧舞台へ連れていきます。
単に七月から仕事が暇になるからなんだけどな。

ありがたいことに更新止まっている間もカウンター回して頂いて。
いつの間にやら「football manager」でググったら二番目にうちが出る。
ありがとうございます。そしてほったらかしにしてごめんなさい。

P.S. それにしても今回のユーロ、あまり面白くないよね……。
準決勝からのカードに期待しませう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。